グーグルのキーボードアプリ。

ジーボードって聞いたことありますか?Gboardで検索できます。

Gboardとは、Googleが提供するキーボードで、アプリをダウンロードすると使えます。

1.これ、すごくカッコいいです。

上の写真がiPadでワード文章を作成する画面にジーボードを使っているところです。

ちなみにキーボードの下に使っている写真は私のカメラロールに入っているものです。文字を打つと色が変わって、文字が強調されます。

流石にグーグル!作るものが違う!音声入力も結構使っているのですが、ヤッパリ文字入力の方がよく使います。このキーボードは文字入力を楽しませてくれます。

2.今日アップデートすると日本語が使えるようになっていました。

2017年9月26日に日本語が使えるようになりました。

それでは、早速、導入から設定までを説明しながら、詳細の機能をみてみたいと思います。

 

3.アプリのダウンロード

Gboardで検索します。

一番上にアプリがあるので、それを推します。すると下の写真

ダウンロードして、アプリを開くと、下の写真

4.ジーボードの設定 方法が書いてある。

丁寧です。ジーボードの設定方法が書いてあります。これに従って設定します。まずは、自分のiPadの設定から

一般、キーボード、キーボードと進んでいって、下の写真

新しいキーボードを追加   を押すと、Gboardが有ります。それを押すと、キーボードにジーボードが追加されます。

追加されたジーボードを押すと。下の写真で、右に  フルアクセルを許可をオンにします。

これで設定完了です。早速使ってみましょう。

5.日本語の追加

言語、を押して 、言語を追加  を押すと下の写真

残念ですが、まだ、日本語は太文字になっていません。もう少しです。しかし、英語であれば使えるので、クールなキーボードに変身させて待つ事にします。

6.キーボードの壁紙がテーマになっている。

そこで、テーマを押すと、下の写真

あらかじめ使える壁紙も有りますが、私は、茄子を使うので、カスタムを押して、自分のカメラロールの中から選んでチェック!

写真の上にキーボードが浮かんできて、文字を打つと色が変わって強調されます。使いやすいです。ここまできたら自分で色々試した方が楽しいですよね。

7.PS.文字入力をしながら検索できる

蛇足ですが、文字を打っている時に検索も同時にできます。下の画面

何と、何と、検索結果が文字盤の上に出てきます。それを押すと、流石にグーグルです。サイトへいっちゃいます。それも文書作成をしながらです。文書作成が楽しくなります。

コメントを残す