①ノルマと目標の大きな違い

ノルマって言うと、なんか嫌なイメージがありますよね。何でかなと考えると、ノルマは強制的に人から与えられる。自分では乗り気やないのにやらされる。仕方なくイヤイヤする。てなとこですか?

この状態は楽しくないですよね。しかし、これが自分で立案した目標であれば、同じ仕事であっても夢中になって楽しめますよね。

②「やらされている」と「やっている」

この違いって何かなと考えると、「やらされている」と感じるか「やっている」と自分が感じるかだけの違いであることが分かります。

家庭内のことでも、「これやってよ」と言われるとイヤイヤのろのろするのに、同じ事でも「これやってやろうか」といって「お願い助かるは」なんて言われると楽しくなって一生懸命になって、しかも、言われる以上に、最高の仕上がりを目指したりします。

③ここに、大きなヒントが潜んでいました。

ノルマをノルマのままにしておいては、生産性が上がらないし、楽しくない。「これやってよ」から「これやってやろうか」に気持ちの切り替えをしてみると、急にやる気が出てくる。そしてもう一つ「お願い助かるは」の言葉があると、さらにパワーアップします。

どうしたら楽しくなるか、と言う観点で考えると、面白いことが浮かんでくるものですね。

コメントを残す