HTMLサイトマップとXMLサイトマップ

みのるくん

早速ですが、サイトマップって2つあったの知ってた?

実は、サイトマップは

HTMLサイトマップとXMLサイトマップの2つがあります。

HTMLサイトマップは、サイト内に作る記事みたいなもので、読者向けに作ります。このサイトにも設置してあるものです。

みのるくん

このサイトのサイトマップは自動で出来ています。これが. HTML. の方です。

 

XMLサイトマップの方は検索エンジンに対して、サイト内にはこんな記事がありますと知らせるものです。これは、seach console を使って確認できます。

みのるくん

私は、最初これがわからなくて困りました。

HTMLサイトマップの作成方法

プラグインとしてps auto site map を使います。

ワードプレスで名前を入力して検索し、有効化します。

プラグインを有効にすると、ダッシュボードの設定の中にps auto sitemap があるので中味を見ると、こんな感じです。

特に気になるところは、スタイルの変更ですが、色々種類があります。私のページは矢印にしました。

続いて、ご利用方法の2番目、ここがサイトマップの本体です。これを全てコピーして、新規の固定ページを開いてテキスト入力します。コピペです。

この新規固定ページをサイトマップと名前を付けて、パーマリンクの編集から日本語のところをhttp://○○○○○/sitemap/ と変更すれば完成です。

これで、勝手にサイトマップができます。本当に不思議です。一回すると何もしなくても勝手にサイトマップが変更出来ています。

みのるくん

楽チン楽チンです。

XMLサイトマップの作成方法

プラグインとして google XML sitemaps を使います。

こちらは、サーチコンソールに登録することで検索エンジンに知らせるものです。

みのるくん

これは少し大変です。するなら気合を入れてして下さい。私は最初途中で諦めました。

よっしゃーーー

順番を簡単に言います。

1、プラグインを名前で検索して入力有効化します。

2、プラグインの設定をします。

3、サーチコンソールseach console をネットから呼び出してサイトのアドレスを認識させます。

4、サーチコンソールからショートコードをコピーして、自分のサイトのテーマ編集からheader php の中にコピペします。このサイトが自分のものである事を証明するためです。

5、これを、サーチコンソールに再度認識させて、確認できました。と言ってもらって完成です。あとは何もしなくても記事が追加されると自動で検索エンジンにサイトマップを知らせてくれます。

みのるくん

ザーッとこんな感じです。

本当にするつもりならサルワカさんのページが分かりやすかったです。

【WordPress】サイトマップ作成からSearch Console登録までの全手順

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.