自宅に光回線を引くことは当たり前になる。

スマホの威力は凄いですね。「私はアナログ人間だ!」と言っていた人も、「パカパカのガラケイが一番」と言っていた人も、ラインを始めています。日本に住んでいる人の殆どが、スマホを利用しているじゃないかと思えるぐらいです。

私は、2世帯で住んでいるので、自宅にイオ光回線を引張って電話、テレビ、ネット、インターフォンを使っています。イオ光に変える時に、固定電話の基本料金が要らなくなることと、ちょうどテレビのアンテナが壊れたので、修理する費用が掛かる事から、アンテナは完全に撤去しました。そして電話線から光回線を工事代無料で引き込んでもらいました。テレビのアンテナがないのでBS、CS、地上波すべてばっちりと映ります。

家族4人がスマホをもっており、iPad2枚とパソコンを使っています。自宅ではWi-Fiを飛ばしているのでスマホの通信量は最小にしてもあまり不便を感じなく使えています。

私は個人的に、自宅に光回線を引いておく事は、生活をして行く上では、必需品であると思っています。

その理由を書いて見ます。是非、読んで見てください。

1・自宅で使うスマホは全てWi-Fiで使える。

光回線を自宅に引くと、Wi-Fiを通じて、自宅にいる限り家族全員のスマホ、パッド、パソコン、テレビでのネット視聴が利用できるようになります。これは、ドコモやau、ソフトバンクで契約をしていなくてもスマホやパッドが使えるという事です。

なおかつ、ラインの無料電話を使えば、契約にしていないスマホやパッドでも電話できちゃいます。ラインの無料電話については別に書きます。

2・Wi-Fi対応の家電製品が全てスマホで使える。

プリンターにWi-Fiが付いている事は、知っている人が多いと思います。プリンターの電源さえ入っていたら、スマホで撮った写真は直ぐに写真に出来ます。

写真のフォルダーからこのマークを押すと、下の画面になるので、写真を選んで、プリンターのマークを押すと

自動的にプリンターが動きます。

これと同じ事がほとんどの家電製品で出来るようになって来ています。まだテレビやビデオなどですが、クーラーや洗濯機、照明器具にもついて来ています。

3・hey Siri ( ヘイ シリ )が使えます。

光回線がある環境であれば、ヘイシリ電気をつけて、サザンの曲を流して、なんて事が簡単に出来てしまいます。

これはアップルが2017年末から発売予定のホームポッド ( HomePod )

値段は349ドル(約38,000円)くらいになる予定です。

全方向に音を出力するので部屋のどこに居ても最高の音楽が聴けるそうです。

[日本での発売時期と日本語対応は未定]

これが発売されると自宅でWi-Fi環境を使えるようにする人が増えると思っています。

グーグルは、グーグルホーム( google home )を発売する予定です。こちらは、グーグルアシスタントがSiriと同じ様な機能で登場します。

どちらも、会話が出来るので楽しみです。

4・自宅で利用できる光回線

光回線を自宅に引いて快適なネット環境を整える事ができる事業者で,お得なキャンペーンをしているのは下の5事業者です。

契約しているスマホで決めるか、電気料金との関係で決めるか、工事代金で決めるか、キャッシュバックで決めるか、親切な対応で決めるか、光回線利用料自体は大きく差がないので楽しんで決めてください。

●『auひかり』

●ソフトバンクのスマホなら【ソフトバンク光】

●工事費相当額無料!ビッグローブ光コラボレーション【ビッグローブ光.net】

●最大1万円のキャッシュバック!!【クイック光】

●ドコモスマホご利用ならドコモ光キャンペーン申し込みがおトク!【ドコモ光】

*資料請求や電話による説明を聞いてみるのも良いですよ。分かりやすくて親切です。現在の契約内容を伝えるとよりすっきりとします。

コメントを残す