人間に与える睡眠の影響は分かってきています。人生の3分の1を使っている睡眠時間ですが、眠らないと人間は生きて行けません。

ならば、1日8時間寝ればいいか? と言うと同じ時間寝ても、睡眠の質によって本来の睡眠による機能が発揮できなくなる事があります。

折角、同じ時間を使うのであれば、質の良い眠りをしたいですね。

深い眠りのときに、脳内に溜まったゴミを掃除して、浅い眠りのときに入って来た情報を整理しているそうです。

そして、約1時間半の周期で深い眠りと浅い眠りが来ます。4周期で6時間、5周期で7時間30分この辺りが最適な睡眠時間です。6周期になると9時間にな理ます。

また、よく知られている事ですが20時から2時までの4時間が睡眠のゴールデンタイムなのでこの時間を外す事は出来ません。

光も睡眠に大きく影響します。人間は目を瞑っていても、皮膚から光を感じる事ができます。感じると言う事は睡眠に影響があります。理想的には寝室は真っ暗が理想です。完全に真っ暗です。これは、やって見ると効果が分かります。

朝の太陽の光を浴びる。6時30分から8時30分の間が理想です。この朝の光を浴びる事で、寝付きが良くなります。

次に珈琲です。珈琲は体内に残留する時間が長くて、昼に飲んでも夜の睡眠を妨げます。脳を覚醒させるために飲む珈琲は、素晴らしい効果を発揮してくれます。この効果は捨てがたいので、朝飲むか集中したい時以外は飲まないようにします。

これは実際やって見て、軽い中毒症状になりました。1日珈琲を飲まないだけで、3メートル先の珈琲のニオイが物凄くいいニオイに感じました。

あと、寝る前にスマホを見ない事です。

これだけの事を私は今しています。始めてから3週間になります。かつてないほど気分爽快です。完全に全部の事が出来ない日もありますが、余り気にしないでやっています。自分で決めたゴールに向かうために毎日を最高のコンデションにして行きます。

PR:ベッドスペース

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.