脳の実証結果で、以前から言われていたいろいろなことの検証がされています。そんな中で、注目したのがアメリカのイリノイ州の高校で行われた取り組みです。

どんなことかというと、授業が始まる前に、グランドに出てランニングするそうです。日本の学校でもランチャン(ランニング、チャレンジ)とかの呼び方で実施している所もあります。

米国の数学と理科の国際的基準のテストは平均的にかなり低い成績です。しかし、この朝から走っている学校の生徒の成績が上位になっているそうです。

これは運動が、身体を鍛えると同時に、脳にも充分な血液を送る事で、脳のニューロンを結び付けることが分かりました。この新しい結びつきが出来ることで、変化にも対応できる能力が身につきます。

この脳に充分な血液を送るためには、心拍数を180近くまで上げる必要があります。これができるのは、全身運動で、有酸素運動のランニングが最適です。

この事を知ってから、週に3回以上を目処に朝にランニングをしています。目的は 脳に血液を送ること。野球のグラウンドを10周ほど全速力で走ります。

ゆっくり走っていると、なかなか心拍数は上がりません。グランド10周するうちにインターバルを入れて160に近づけて行きます。

この心拍数を基準に考えると、個人差による運動量の違いを気にする必要がなくなります。そこで登場するのが、脈拍計。

携帯用で売ってあるのですが、私はアイホンをつかいます。iPhoneのアプリにハートレートと言うアプリがあります。これを使うと脈拍数が測れます。これは少しビックリします。iPhoneのカメラのレンズのところに人差し指をあてると、何と何と脈拍が出てきます。

iPhoneの無料のアプリです。これは便利です。脈拍計がないと、脈拍を測るのは結構難しいです。

まだ始めてから2週間なので、詳しいレビューは出来ませんが、何となくいつも頭が快適になっているように感じています。顕著な出来事としては、人の名前が出てきやすくなったことです。私は、以前から本当によく知っている人の名前が出てこない時がありました。

自分でも情けなくて、思い出すまでずっと考えるようにしていました。それが、なくなっているように思っています。

まだまだ続けて行こうと思っています。朝寝坊なので、朝の30分を作る所から始めています。起きられない日もありますが気にせず、早起きできたときだけする様にしています。

続報を楽しみにしていて下さい。

 

3ヶ月ほど休んでいたのですが、また、再開しました。今回の目標は脳に酸素を送ることではなく、朝日を浴びる事です。朝の6時から8時までの光を浴びると睡眠の質が向上する事が分かって来ました。

そんな事から、朝仕事前に30分歩きとランニングを楽しんでいます。心拍数は160までしか出ていません。

朝日が出ている時は、本当に気持ちがいいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください